意外と簡単!ハローワークを利用する方法 - 上手に活用!ハローワークで転職

上手に活用!ハローワークで転職
上手に活用!ハローワークで転職 > ハローワークを利用する方法

意外と簡単!ハローワークを利用する方法

転職を希望してハローワークに行ったとき、まず何をすれば良いのか流れをご紹介します。

まず、ハローワークの受付に行き「転職したいのですが手続きをお願いします」というと求職申込の用紙を出してくれます。
求職申込用紙には希望職種や賃金を記入し、書き終えたら受付へ用紙を提出します。
引き換えに受付番号を渡されるので、受け取ってしばらく待ちます。
混んでいるとここでの待ち時間が長くなるので、何かすることを準備しておくと手持ち無沙汰にならずにすみます。

受付番号を呼ばれるので呼ばれたら相談員ブースへ行きます。
「ハローワークカード」が発行されるので受け取ります。
このカードはハローワークで相談したり、求人を紹介してもらう際に使用するので次回以降は持参しましょう。
有効期限は2ヶ月後の末日までなので、期限が切れたら再度申し込みが必要になります。

ここからは個人相談になります。
転職について、希望する求人について話します。
転職するに至った経緯なども話して問題ありません。
「サービス残業ばかりだった」「体力がもたなくなった」「他の仕事がしてみたい」など愚痴を聞いてもらえるチャンスです。

求職申込書に記入した希望条件を元に求人を探していきます。
もし、事前にハローワークインターネットサービスで応募したい求人を見つけてあれば求人番号を伝え確認してもらいます。
求人情報を確認し、特に問題がなければハローワークの人が求人元へ電話をかけます。
もし、求人元に訊いてほしいことがあれば言っておきましょう。
自分は直接話さなくていいので、ちょっとしたことでも質問しやすいかと思います。

電話で求人への応募申込と質問事項の確認が終わると、求人元から提示された応募方法を教えてもらえます。
ほとんどの場合、履歴書の郵送か、面接に来るよう指示があるはずです。

ハローワークからの紹介状を受け取ります。
紹介状には記入事項はないのでそのまま求人元に出します。

もし書いた履歴書に自信がなければハローワークで添削をお願いしましょう。
面接のリハーサルも行っています。
転職の場合はどのように自己PRすればよいのか。
どういった服装で面接に行ったら良いかを相談しておきます。

書類選考・面接の後、採用か不採用なのか結果が届きます。
直接本人に届く場合もありますし、ハローワークへ連絡が行く場合もあります。

仕事が決まったらもう仕事探しにハローワークへ行く必要はありません。
しかし、内定が出た仕事でもまだ不安なことがあれば相談にのってくれます。
一人で悩まずに訊いてみましょう。