ハローワークと転職サイトを比較してみると - 上手に活用!ハローワークで転職

上手に活用!ハローワークで転職
上手に活用!ハローワークで転職 > ハローワークと転職サイトを比較

ハローワークと転職サイトを比較してみると

転職するときハローワークと転職サイトのどちらを利用しようか迷うかもしれません。
転職者の話を聞いてみるとほとんどの人が両方を使うことが基本のようです。
では転職サイトとハローワークにはどのような違いがあるか比較してみましょう。

■利用手続きについて
転職サイトによっては求人情報を見るために会員登録が必要な場合があります。
メールアドレスがあれば登録できるのでスマホやパソコンから手軽に登録できます。
ハローワークを利用するときは直接ハローワークに行き、求人申込書という用紙を記入して提出します。
もし近くにハローワークがない場合は転職サイトの方が簡単に登録できます。
ハローワークでは分からないことがあればその場で訊くことができるという利点があります。

■費用について
求職する人が利用する場合どちらも無料です。
複数登録してもお金の心配をしなくても大丈夫です。
ハローワークは国から資金が出ていますが、転職サイトは掲載していうる会社からの掲載料をもとに運営されています。

■求人について
無料で登録できるということもあり、ハローワークの方が求人登録数が多いです。
特に求人費用を抑えたい個人事務所などはハローワークを利用しているようです。
書類選考、面接は同じ条件で行われるため、どちらに登録されている求人も内定率は同じと考えてよさそうです。

■インターネットから利用する場合について
「転職 求人」で検索するといくつも転職サイトがヒットします。
CMでもおなじみの大手から地域に特化したサイトまでさまざまです。
ハローワークにも「ハローワークインターネットサービス」というWebページがあります。
アクセスするとハローワークに登録されている全国の求人情報が全て見られます。
転職サイトもハローワークインターネットサービスも全国の求人情報を検索できる点においては大きな違いはありません。
しかし、求人に応募する場合、転職サイトではその場で申し込めますが、ハローワークの求人にはハローワークに行き、紹介状を持って申し込まなければなりません。

■サポートについて
ハローワークには相談窓口があり、仕事に関することなら何でも何度でも利用することができます。
転職サイトではそういったサポートを受けることはできません。
しかしマイページ機能や希望する条件に一致する求人があるとメールでお知らせしてくれる機能があります。
直接、話しをしたいという人ならばハローワークの方が良いでしょう。
メールやWebなどデジタルで管理したいという場合は転職サイトが利用しやすいです。

このように転職サイトにもハローワークにもそれぞれ特徴があるため、状況に応じてどちらも利用するようにします。
登録されている求人情報は全く同じというわけではありませんので、どこからでも情報が入るよう柔軟に対応しましょう。
応募したい求人があるところを利用するのが一番なのです。