ハローワークでうつ病の支援は受けられるか - 上手に活用!ハローワークで転職

上手に活用!ハローワークで転職
上手に活用!ハローワークで転職 > うつ病の支援は受けられるか

ハローワークでうつ病の支援は受けられるか

寝て、食べて、働いてのバランスが崩れた状態が続くと誰でもおかしな気分になったり、無意識に変な行動をとってしまった経験があるのではないでしょうか。
症状が一時的な場合もありますが、日常生活が難しいレベルになると「うつ病」として治療が必要になります。

うつ病は、脳の働きに何らかの問題が起きて発症すると考えられています。
ただはっきりとした原因は特定されていないため、何らかのストレスが複雑に絡み合って引き起こされると考えられています。
脳に負荷がかかりすぎた結果、行動面にも精神面にも影響が出てきます。

どのような病気でも治療のため仕事を辞めなければならないこともあります。
ほとんどの人が病状が回復すると仕事に復帰する訳ですが、難航する場合が多いようです。
仕事のストレスが原因と考えられるうつ病の場合は復帰後、再発するのではないかと見られてしまうからです。

かといって病歴を隠さない(オープン)で仕事探しすることに全くメリットがないかというとそうではありません。
通院のための休暇や、服薬が必要な理由を理解したうえで採用してもらえます。
それによって新しい職場に、職務内容や勤務時間などへの配慮をしてもらいやすくなります。

通院ができなくなってしまったり、残業が続いたりすることにより再び症状が悪化してしまう人も少なくありません。
病気のことを知ってもらった上で採用された場合には、企業側の理解が得やすくなりますので、継続して働くことができます。
ただし、デメリットもあるので、十分に説明を受けた上で病気をオープンにするかしないか決めると良いでしょう。

しかし全然決まらないと、どのように仕事に復帰したら良いのか分からなくなってしまいます。
仕事をしたいと思ったら、まずハローワークの利用を視野に入れてみましょう。
ハローワークでは、障害があることによって職業生活に相当の制限を受けまたは職業生活を営むことが著しく困難な人を対象とした支援が受けられます。
障害手帳の有無は問われないので、まずは利用してみましょう。
さまざまな障害について専門的な知識をもつ担当者がいます。
仕事に関する情報を得られたり、就職に関する相談乗ってもらえたりするなど支援体制が整っています。

うつ病になりやすいタイプとして、まじめで責任感が強く、周囲の評価も高い人が多いということがいわれています。
そういった点ではうつ病になりやすいタイプは非常に優秀な人材であると言えます。
優秀な人材ならば必ず復帰できる可能性はあるので、まずは無理をせず、しっかり回復してから復帰するようにします。